Information...


文字のデザイン

ポスターのタイトルや、WEBページのタイトルなどの文字をどのように作られているだろうか?

Phoshopを利用して、こういった文字の飾りなどを作ることを覚えてみよう。
最近のPhotoshopは、誰でも簡単に文字装飾が行えるように、「レイヤースタイル」という特殊な装飾用ツールが用意されている。
このレイヤースタイルを使った文字装飾は、いずれ、やるとして、自分で作り出す装飾方法を案内する。

ぜひ、自分のものとしていただき、その他の図形や写真などにも、応用いただければと思う。

ベース画像を作る

通常は、「レイヤー」に直接、文字を入力し、「レイヤースタイル」を利用して、文字装飾を行うのが、今の”やり方”となっている。

これはこれで、結構便利なので、要所要所には、利用したいと思う。

今回は、入力いただいた文字列そのものを利用して、別の画像を作り出すこととする。

新規チャンネルを作成し、タイトルにしたい文字列を入れる。サンプルは、”Tokyo”とした。

もとのオリジナル画像は、オリジナルの形を利用するために、チャンネルの複製を行い、複製したものを利用することとする。

複製したものをフィルタメニューから、”ぼかす(ガウス)”を選択し、もとの文字列が確認できるか、できないか?程度まで、ぼかす。

ぼかしたものから、さらに、複製を作成し、複製をしたもを”フィルタ”メニューから、”その他”の”スクロール”を選択して、水平方向、垂直方向に、図にあるようにスクロールさせる。

ぼかした2つの画像を使い、炎のように見える”もや”を作り出す。

ぼかした画像と、スクロールさせたぼかした画像をイメージメニューの”演算”を利用して、2つのぼかした画像の”差の絶対値”を別のチャンネルとして、作成する。

できあがった画像には、「一見、何も内容に見える」かも知れない。実は、レベル補正を調整することで、視認できる画像となる。

2つのぼかした画像を演算し、差の絶対値をとるだけで、興味深い画像ができる。











 Prev Next 


Copyright www.ishikawa3.com