Information...
My Families
How to Photoshop
BBS
Profiles


正月のひととき...
石川家の新年会

 石川ファミリーは、毎年の1月2日に、年始回りと同様の意味合いで、石川ファミリーのドン、「久我山のじぃちゃん」のところに集まるのが、慣例となっている。
 もともと、石川ファミリーは、毎年1月2日に、明治神宮に「参拝」に行っていた。参拝とはいえ、明治神宮には、「こんなに人が集まるものなのか?」と思えるほど、人でごったがえす。
 当然、集まる人々を目当てに、”商売”をする屋台も、たくさん出ている。正月なのに、”祭り”の雰囲気そのままである。あんず飴やソースせんべいをはじめとする、夏祭りによくみかける光景である。唯一異なるのは、”神社”の中までは、人が多いせいなのか?は、不明だが、屋台はない。しかしながら、特定の場所に限って、”たこ焼き”やら”ジュース”やらも販売している。が、屋台ではなく、いわゆる”茶店"風であるのに、販売されている商品は、”祭り”風なのである。妙な感じをうけるが、そういった光景の中での参拝となる。
 石川ファミリーも、それぞれが所帯をもち、それぞれが久我山から離れ、暮らすようになった。

石川ファミリの未来

 以降も、毎年1月2日には、参拝をし、参拝後に久我山の実家に集まる風習となっていた。ところ、2006年から、若干、この”習わし”に変化が生じた。石川ファミリーのドン、”久我山のじぃちゃん”の提案で、2006年より、長男の家で集まるようにし、年を追うごとに、兄弟の家を転々として、”習わし”を続けるということにした。
 「じぃちゃん曰く、『兄弟、いつまでたっても仲良く、日頃、疎通もないため、せめて、正月くらい、それぞれの家で顔を合わせ、お互いの話をしたほうが石川ファミリーも安泰』とのことらしい」のだ。
 2006年、はじめて長男の家に集まり、お互いの近況報告やら、兄弟の息子や娘たちへの「大お年玉大会」のようなイベントを長男の家で行った。
 そのときの写真、イシカワファミリの未来を掲載しておく。
 写真は、携帯電話で撮ったものなので、画質はよろしくないが、ご容赦いただきたい。

 Prev Next 


Copyright www.ishikawa3.com